住宅にまつわるお役立ち情報を発信しています

注文住宅で理想の家づくり。後悔しないためには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
461a310ec5f9df26984165f7a75831a3_s

建てたい住まいのイメージを具体的にし、プランに盛り込む優先順位を決める

こだわりを生かし、時間も費用もかけるせっかくの注文住宅なら、新居では理想に近い暮らしを始めたいですね。

気付いたのは完成後ということにならないためにも、なるべく時間や費用を抑えつつ、手順よく相談を進めたいものです。

施工会社に依頼や相談する前にも、希望する新居での暮らしや必要な性能を想像して、それに合う建物の形、間取り、設備、建材や印象をどんなものにしたいか、ご自身でも検討してみましょう。相談の際には、より理想的な新居についての打ち合わせができることと思います。

注文住宅のプランの検討に際し、希望を具体的に挙げて、優先順位を付けてみましょう。

・建物のデザインや配色、外壁材、形状などのイメージ
・吹き抜けや採光などの希望
・湿度、冷暖房や耐震に関する性能
・リビング、ダイニングの広さ
・水回りやキッチンの効率的な配置や広さ、設備の希望
・家族構成や成長に合わせた間取りの柔軟性
・和室や客間、書斎、必要な収納スペースの確保
・駐車場や自転車置き場のスペース
・屋外の水はけや物置など

現在の住まいで不便だと思うことや、ご自身の好み、家族構成の変化など、考えやすいところから取り組んでみましょう。

行政や土地の条件で希望がかなわないことも。予算にも合わせ柔軟な選択を

注文住宅を建てるときの費用は、大きく分けて建物の取得にかかる費用、土地の取得にかかる費用という分け方をすることができますね。

交通、商業・医療・教育施設などの利便性や自然環境の好みなど、土地選びを優先するか、それとも建物のデザインのどちらに予算をかけたいかも考えてみましょう。

なかなか理想的な土地が見つからないこともあるので、期限を決めて条件に幅を持たせ、あるタイミングでは決断する必要があります。

注文住宅の建物のプランの打ち合わせを進めると、土地の契約条件や、行政など条例による制限、敷地調査や地盤調査による制限にかかる場合があります。

土地選びの際には、建物について希望するプランについても考慮しつつ検討してみましょう。

土地の条件や方位、広さ、形、高低差、周辺の道路や建物、自然環境、上下水道や電気、ガスなどに関する条件が、その土地に建築する住まいのプランに反映されることになります。

住まう場所、建物のプランは、新居での暮らしに大きく影響することになります。

新居に暮らし始めてから後悔しないようにするためにも、土地建物についてご自身が希望する条件、優先順位、予算、契約時や行政による制限についてまずは情報を集めましょう。

新居での暮らしについて、具体的なイメージを施工会社や不動産会社へ伝えながら、相談や打ち合わせを進めていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*