住宅にまつわるお役立ち情報を発信しています

注文住宅なら、洗面所にだってこだわりたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
a00fcd33bf9d7a34a20ae17a24a03532_s

リビングや私室にこだわった注文住宅。いざ住んでみると、洗面所が使いづらい!なんて方もいるようです。空間さえ確保できていれば大丈夫などと思いがちですが、家族が毎日使う場所でもあり、導線や家事のしやすさなど洗面所は生活の中で意外と重要な位置を占めています。注文住宅で建てる方は特に、洗面所にだってしっかりこだわるべく見逃せないポイントをご紹介します!

・家事動線を考える!

洗面所は、浴室に入る脱衣所としての役割を果たす場合が多いためにお風呂を主体に考えがちですが、洗面所に足を運ぶ機会が多いのは家事をする人です。そのため家事動線も頭に入れて配置を考えることをオススメします。料理をしながら洗濯機を使ったり、水仕事をする事を考えると、キッチンから洗面所が遠いのは、動線として良くありません。多くの方は、キッチンの近くに洗面所の入口を設け導線を短く出来るように配置したことで家事がスムーズに行える事を実感しておられます。
しかし、注意しなければいけないのは、出入口をLDKからだけにしてはいけないという点です。
家事動線的には便利でも、家族構成によってはリビングを通らなければ洗面所に行けないというのは不便であったりもします。リビングに来客が居ると、浴室に入り辛くなったりもしますので、基本は廊下に洗面所の出入口を設け、家事動線を考えるならもうひとつキッチン側からの出入口を設けるという間取りがベストでしょう。出入口をLDK側に設ける事が出来なくてもキッチンの近くに洗面所を配置することや、もしくは洗濯物を干す事を考えてバルコニーの近くに配置するのもオススメです。

・収納をしっかり確保!

間取や洗面カウンターの種類のことばかり考えて忘れがちなのが、収納です。間取りに余裕があるお宅は洗面所の横にクローゼットや収納庫を設けている方もおられるほど、洗面所は意外と物が溢れる場所です。
特に先で述べたように出入口を二箇所設けた場合は壁面が少なく、建てた後に収納が無いことに気づいてもキャビネットを置く場所が無いということになりかねません。洗面所のサイズを決める際には、洗面カウンターや洗濯機のサイズだけでなく収納の量も考えてスペースを確保すべきです。
洗面カウンターに収納力があるものを選ぶか、洗濯機の上部のデットスペースに収納棚を設けることやキャビネットを置くスペースを考えることなど、前もって洗面所に何を収納するかを考えて、計画するようにして下さい。

・洗面カウンターもオシャレにこだわる!

導線や配置、収納ばかりだけでなく、注文住宅であれば洗面カウンターにこだわってみるのもいいのではないでしょうか!
メーカーの洗面カウンターにも色や素材などオシャレなものも多く、使い勝手や収納にも優れていますが、洗面ボウルやカウンター、鏡などそれぞれ自分の好みのものを選んで組み合わせる事もできます。メーカーの場合であれば規格サイズがあるので無駄なスペースが出来たり欲しいデザインのものが入らなかったりもしますが、大工さんにお願いして組み合わせて作るなら、スペースにピッタリの洗面カウンターを設置することが出来、一層こだわりの空間となるでしょう。

これらのポイントを考えると、その人が家にどれだけこだわって建てたかは、家事動線の良さ、洗面所の配置やデザインにも表れることが分かりませんか?洗面所は普段家族しか使わない空間かもしれませんが、毎日使う空間だからこそこだわってオシャレで使いやすい空間にして下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*