住宅にまつわるお役立ち情報を発信しています

キッチンのベストは広さは何畳?リフォームする時のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
7153058b3b03b48ce5c92d2e79072c47_s

新しいキッチンの設置は、数あるリフォームの中でも特に人気があります。
しかし、明るく便利なキッチンでも、適切な広さを保てなければ不便さを感じてしまいます。
今回は、家事を行いやすいキッチンのベストな広さと、リフォームする時に押さえておきたいポイントについてご紹介します。

■キッチンの動きは意外と大きい

キッチンでの調理は、意外にも大きな動きを伴います。

調理は毎日必ずと言っていい程行なう家事ですので、その作業が不便に感じると、効率が悪くなり過ごしにくくなります。
特に、中央にカウンターがあるタイプのキッチンの場合、コンロからシンクへの移動距離を把握しておかなければ、それぞれの行ったり来たりを繰り返さなくてはなりません。

また、キッチンの後ろの通路のスペースも、十分なゆとりを確保しておきましょう。
大人1人が窮屈に感じない通路の幅は約680mmですので、キッチンの後ろに収納や冷蔵庫を設置する場合は、行き来がスムーズになるよう、広さにゆとりを持たせましょう。

■キッチンのスペースに必要な畳数

キッチンの平均的な広さは、3.5〜6畳(5.67〜9.72平米)程度ですが、一般的なシステムキッチンの幅は約2500mm程度ですので、この幅が収まる壁寸法を確保しておかなくてはなりません。

また、ダイニングルームにキッチンを設置する場合、約10畳のダイニングルームに設けられる事が多いようです。
勿論、この位の広いスペースが確保できていれば、その分自由な間取り作りも可能になります。

しかし、あまりキッチンのスペースにゆとりを持たせようとしたばかりに、リビングの家具が置けなくなったり、他の部屋が窮屈な位置に配置されたりする事がないよう、注意しなくてはなりません。
小回りの効くコンパクトなキッチンであれば、約4.5畳でも十分なゆとりを確保する事が可能です。

■キッチンリフォームを成功させるコツ

リフォームでシステムキッチンを導入する場合、様々なタイプのキッチンから選ぶ事になります。
キッチン本体の幅が部屋の中に収まるかどうかや、好みのインテリアかどうか等だけでなく、タイプ毎の作業効率にも注目しましょう。
例えば、L型のキッチンは作業動線が三角形になるため、体の動きが少なく、スムーズな家事ができると言われています。
対して、I型キッチンは作業動線が直線になるため、端から端までの移動距離が長くなります。

さらに、I型キッチンでも、壁に向けて配置するか、リビングを向いた対面型にするか、対面型にしてサイドが壁付けのペニンシュラタイプにするかなど、様々な条件を選ばなければなりません。
部屋の畳数だけでなく、選んだキッチンのタイプによっても、家事に必要なスペースが異なります。
キッチン選びや間取り作りは、脳内で良くシミュレーションを行い、負担の少ないプランをしっかり練りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*