住宅にまつわるお役立ち情報を発信しています

戸建てのメリットは自由度の高さや資産価値!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
96e09b3d9d425139459a42b08746f890_s

マイホームを購入する事を考えた際に、マンションか戸建てにするかを検討する方も多いようです。実際検討すると、どちらにもメリット、デメリットがあります。今回は、その中でも戸建てのメリットに注目してみましょう!

・プライバシーが保護される

まわりの家が隣接している戸建てもありますが、やはりマンションなどの集合住宅に比べ独立性が高いのが戸建てです。そのため、音漏れの心配が少なくプライバシーが守られます。隣近所が近い場合でも、自分の敷地内で柵や塀をつけるなどのプライバシーを保護するための予防策がとりやすいのも戸建ての良さです。
まわりの目や、上下階の音を気にすること無く生活できるのは、戸建ての自由度の高さのひとつとも言えます。

・資産価値がある

戸建ては建物自体は築年数ごとに劣化するため価値が下がり資産価値は低いと思われがちですが。家が建っている土地は資産価値が下がらないので、戸建てを持っていることは土地を含めて資産をもっている事になります。
何かあった時に売却可能な売却価値があるのは資産として大きなメリットといえます。

・管理費や駐車場代などがかからない

全てが自分の空間である戸建ては駐車場や、個人的には使っていない共有スペースの管理、掃除のためにお金を支払う必要がないのはメリットと言えるでしょう。マンションであれば、築年数や住居人数によって管理費や駐車場代が値上がりすることさえあります。
しかし、戸建ては自分が実際に使用している部分に必要なだけのお金をかけていることになるので、無駄がありません。
しかし、同じようにマンションに住むと支払わなければいけない修繕費積立金がかからないことを戸建てのメリットにあげる場合もありますが、この点は注意しなければなりません。確かに毎月修繕費積立費を払う必要はありませんが、戸建てもいつかは修繕が必要になります。積立金を支払う必要がないからと気にかけていないと、修繕が必要になった際に急に大金を用意しなければいけないかもしれません。ですから、個人的に修繕費を毎月積立しておくことをオススメします。

・増築や介護改修が自由に出来る

誰かに管理されているわけではないので、自分達の必要な、自由なタイミングでリフォームや増築を行う事が出来ます。
特に家族の誰かに介護が必要になった場合など、マンションでも室内に手摺や段差解消スロープを設けることは出来ますが、共有スペースを改修することは大抵できません。しかし、戸建てであれば外や駐車場から玄関までにスロープを設けたり、個人個人の介護の必要に応じた改修をすることが出来ます。

今回は、戸建てのメリットのみに注目してみましたが、勿論デメリットもあります。家族のかたちや生活のペースによって、どちらがメリットかは人それぞれです。自分達の生活スタイルと戸建て、マンションのメリット・デメリットを比較検討したうえでピッタリ合う家を見つけて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*