住宅にまつわるお役立ち情報を発信しています

戸建てに住んでいても修繕費の積立をするべき!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
fb39ceb94c23ede1ec8a5233f13e4cc1_s

戸建てはマンションと違い、修繕費の積立や共益費がないから、賃貸やマンション購入と違って月々ローンの支払いだけで安く済むと考えておられる方も多いようです。確かに実質、月々支払う金額はローン返済のみで安い場合もありますが、忘れてはいけないのは修繕のことです。自分の持ち家だからこそ、絶対にやってくるリフォームや修繕の時期、その時期の事をしっかり把握しておられるでしょうか?

・戸建ての修繕費や修繕の時期は?

家が建っている環境や、住み方など家それぞれで劣化や消耗、設備機器の故障時期は様々ですが、何かしらの修繕を行わなければいけない時は絶対にきます。それで、一般的に言われている、新築から10年前後を目安に修繕の時期を考えておくことをオススメします。
大きな修繕といえば屋根や外壁塗装ですが、外壁材の種類によっては10年経っても高圧洗浄で洗い流せる汚れぐらいで大きな修繕とはならないかもしれませんが、外壁塗装となると100万円単位のお金が必要となります。
急に給湯器が故障したり雨漏りなど、すぐに工事が必要な事もあります。月々数万円の修繕費をマンションの管理会社に支払わないかわりに、大きな金額が急に必要になる場合があるというわけです。
しかし残念ながら外壁も水回り設備機器も全てにおいて、この時期に壊れる、修繕が必要になる!という確実な時期はないため前もって備えをしておかなければなりません。

・前もって修繕に備える

マンションのように修繕に備えて積立金を支払う必要が無くても、自分で前もって修繕費を準備しておくことは賢い方法です。余裕をもたせて、毎月多めに修繕費を貯金できるならベストですが、少なくとも月に1万円の修繕費積立を行うようにするなら、10年すれば120万円になります。
戸建てに住む方は自分で修繕費を管理する必要は生じますが、マンションと違って無駄な出費をおさえることは出来るかもしれません。マンションの場合は、そこに住んだ年数に関係なく、マンション自体の築年数次第で大きな工事が必要になる場合もありますし、住居人数によっては毎月の積立金では工事費が足りずに追加でお金を徴収されることさえあるようです。
しかし、戸建てであれば建物の劣化を防ぐための点検や掃除などのメンテナンスを定期的に行うことでとりわけ大きな修繕工事をせずにすむかもしれません。いつ修繕をするかも自分達のタイミングで決める事ができ予算の計画も立てられます。

自分で修繕の時期や修繕費をしっかり把握して、毎月修繕費を貯金していくことや点検や予防といったメンテンスしていくことは戸建てに住む方にとって重要なことです。資産である家を大事にしていくことで、長く愛着のもてる綺麗な家に住むことができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*