住宅にまつわるお役立ち情報を発信しています

木造住宅の建て方は2つ。それぞれの特徴を理解しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
cf56b5d395607c64eb6f46220f340095_s

日本では、昔から木による家づくりが盛んに行われてきました。
その建て方は在来構法と呼ばれ、現在の家づくりでも使われ続けています。
欧米で発達した木造住宅の建て方と比較しながら、木の家づくりのメリットや、注意すべきデメリットなどを把握しておきましょう。

■木造の家には2種類の建て方がある

木造住宅には、大きく分けて2種類の建て方があります。

・木造軸組構法
日本で昔から使われてきた構法で、在来構法とも呼ばれます。
木でできた柱と梁を縦横に組み合わせ、建物の構造部分を組み立てる建て方です。

・ツーバイフォー構法
アメリカ発祥の構法で、2インチ×4インチの規格材を使って組み立てる事からこの名前が付けられました。
壁を組み立てる事で家の枠組みを作って行きますので、ツーバイフォー構法は、軸組構法に対して「壁組構法」とも呼ばれます。

現在建てられている新築の木造住宅は、上記の構法に加え、それぞれの良い点を取り入れた構法や、鉄骨住宅のメリットを木造住宅に取り入れた物など、様々な派生構法が誕生しています。

■それぞれのメリット・デメリット

現在の家づくりtで主に使われている、軸組構法とツーバイフォー構法ですが、全く異なるこの2つの建て方には、それぞれにメリットとデメリットがあります。

◆メリット
□木造軸組構法…
・古くから使われてきた構法のため、対応できるハウスメーカーが多い
・間取りが自由で、将来のリフォームが行いやすい

□ツーバイフォー構法…
・壁で家を支えるため、基本的な耐震性が高い
・規格材を使うため、組み立てが簡単で工期が早い

◆デメリット
□木造軸組構法…
・地震や強風の負荷が、柱と梁の接合部分にかかる
・壁部分の強度がツーバイフォー構法に比べると弱い
・手作業で1から組み立てるため、工期が長くなりやすい

□ツーバイフォー構法…
・既に形が決まった規格材を使うため、間取りの自由度が低い
・リフォーム時に制約が発生しやすい
・気密性が高いため、換気を十分に行わなければ湿害が発生する

■デメリットに納得し、メリットを活かす家づくり

軸組構法もツーバイフォー構法も、どちらの方が優れているという事はなく、それぞれに良さと不便さを持っています。
それぞれの構法が抱える弱点に対し、適切な補強を行なう事が、丈夫な家づくりの秘訣です。

気になる耐震性ですが、一般的には、壁で家を支えるツーバイフォー構法の方が地震に強いと言われます。
しかし、現在施工されている建築基準法では、巨大地震が起きても倒壊の恐れがない程度の強度を保てなければ、家を建てる事はできないよう定められています。
そのため、軸組構法の家でも、接合部分の金具や耐力壁などを適切に設ける事で、高い耐震等級を持たせる事も可能になるのです。

家づくりを依頼する工務店の施行実績や、将来的なリフォーム箇所などをよく検討し、納得した構法を選ぶと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*