住宅にまつわるお役立ち情報を発信しています

忘れていませんか?新築購入には手付金が必要です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ff8427799131eb3fe74e0a230e391277_s

新築を建てるために、住宅ローンを検討し準備しておられる方も多いのではないでしょうか?住宅ローンの流れについてはしっかり把握していたはずなのに、いざ契約になるとローンとは別に支払わなければいけないお金があるのにビックリされる方もおられます!ローン以外にも新築を建てたり購入するにあたって、税金や手付金というものが必要になります。知らなかったでは、困る大事なお金の話について知っておきましょう。

・手付金って何?

手付金とは、住宅購入の売買「契約時」に一部先払いで支払う代金のことで、契約時に支払うことによって契約に拘束力を持たせる力もあります。
頭金と同じものに間違われがちですが、実際は別のお金です。頭金とは、住宅を購入する際に最初に払う現金のことだからです。残りは住宅ローンで払うことになります。
どちらも住宅購入価格と別に払うものではなく、売買代金の一部なので、多くの場合、手付金を頭金として決算の際に払うのが一般的になっています。
出来る限り初めの出費を減らすために、頭金0円のフルローンにする方もおられますが、頭金をある程度支払う方が住宅ローンの返済が確実に楽になります。
このように、頭金は無しにしてフルローンにすることはできすが、契約時に支払う手付け金を無しにすることはできません。ローンの事だけ考えていると一番初めに必要な手付金が手元にないと焦ってしまうかもしれないので要注意です。

・手付金はいくら必要?

手付金の金額は決まっていません。そのため話し合って決めることができますが、一般的に売買代金の5%~10%を手付金として支払う場合が多いようです。契約から引き渡しまでに買主の都合でキャンセルする場合は手付金は返ってきません。しかし、逆に売主の都合でキャンセルする場合は、手付金の2倍の金額が支払われます。
金額は業者の都合に合わせる必要はないので、未完成物件の場合や、急な転勤、売り主の倒産といったリスクを最小限におさえるために手付金は高額でないことをオススメします。
そして、手付金が契約時の住宅ローン審査前だということを忘れてはなりません。もし、手付金を一時的に用意するために、カードローンなどで借金してしまうと、その後の住宅ローンの審査が通りにくくなる可能性もあるので、手付金は確実に前もってとりわけておくべきです。

住宅の購入にあたって様々なお金が発生します。その支払い時期は契約前から契約後まで様々ですし、手付金のように金額を自分達で設定できるものもあります。何も知らないでいると業者の思うように進められてしまうかもしれません。大事なお金の事なので、お金を何の目的のためにいつ支払うのか、しっかり把握したうえで良い計画を立てて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*