住宅にまつわるお役立ち情報を発信しています

リフォームを利用して、おしゃれな部屋を手に入れよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
489b83f1642b17da41ad89280df02eae_s

リフォームは、今住んでいる家の不便さを解消するだけでなく、おしゃれに生まれ変わらせるという大きなメリットもあります。
今回は、リフォームを成功させるためにぜひ知っておきたい、おしゃれな部屋作りのヒントをご紹介します。

■カウンター使いがおしゃれの近道

さっと小物を置いたり、読みかけの雑誌を立てかけたり、写真を飾ったりと、カウンターはインテリアの脇役でありながら、収納にもディスプレイにも大活躍します。
リフォームでカウンターを設置するのであれば、壁付けの細長いカウンターがおすすめです。サイドにチェアを置けば、小さなカウンターも作業机に早変わりします。

対面キッチンを導入する場合は、リビング側を造作テーブルにして、カウンターを作ってみても良いでしょう。正面にスツールをセッティングし、食事が乗ったお皿を並べれば、雰囲気たっぷりのおしゃれなディナーを楽しむ事ができます。
DIYでは設置に少し手間のかかるカウンターですが、リフォームの機会にぜひ数カ所に設置してみましょう。

■色とテーマを統一しておしゃれな空間に

どのような家具や設備を取り入れても、色がバラバラであったり、雰囲気がミスマッチだったりすると、リフォーム後のお部屋をおしゃれにする事はできません。

リフォームで壁や床の色や素材を決める時は、まず作りたい部屋の「色」と「テーマ」を決めておきましょう。その時、全ての建材や家具の色を初めから完璧に決めてしまおうと気負わず、単純なイメージだけを設定してみてください。
複雑な文章で言い表す必要はなく、『モダンでシンプルな部屋にしたい』や、『趣味のサーフィンを反映させたリビングにしたい』『北欧風にしたい』などの、簡単なキーワードを並べるだけでも構いません。

イメージが浮かんだら、次に、使用する色の割合を決めます。
例えば、『モダンでシンプルな部屋』にしたいのであれば、色数を少なくし、黒と白のモノトーンコーディネートに絞る事ができます。
白と黒だけでは殺風景になり過ぎますので、青または赤などの差し色を決めれば、壁や床の色、家具の雰囲気などを選びやすくなり、統一感のあるおしゃれな部屋に近づける事ができます。

■その他、リフォームに使えるアイデア集

リフォームでおしゃれな部屋にするアイデアはまだまだ存在します。

□特注のドアノブを使用
ドアノブはさり気ない箇所ですが、おしゃれな部屋をアピールするための高い効果を持っています。シンプルなスチール製も良いですが、メインとなる扉には、黒やゴールドなどの目を引くドアノブを選んでみてはいかがでしょうか?

□わざと塗装にムラを残す
既存の壁を残し、塗装でリフォームする場合、あえて塗装のムラを残してみると、個性的でおしゃれな印象を持たせる事ができます。
居室のメインとなる壁では、塗りムラが悪目立ちしてしまいますので、玄関や一部の建具など、居室以外の小スペースに取り入れてみると良いでしょう。

□スピーカー付きの照明で憧れの音響空間
ブルートゥースが搭載された照明機器があれば、音楽再生機器がなくても、天井からお部屋全体に好きな音楽を流す事ができます。床置きのスピーカーでは得られない、おしゃれな音響空間をリフォームで手に入れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*