住宅にまつわるお役立ち情報を発信しています

エネルギーゼロ住宅「ZEH」にするメリットってあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
931d43988465f861f59abdc61cb383aa_s

Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)、ZEH仕様の家が注目され、標準化に近づいています。しかし、まだ新しいともいえるこの住宅のかたちを、マイホームに取り入れるメリットはあるのでしょうか?
ZEH仕様の家に住むメリットについて見てみましょう!

・エネルギーゼロ = ランニングコストゼロ = ストレスゼロ

ZEH仕様の家は、条件として高断熱の家でなければいけません。高性能な断熱材を使うことで、家そのものが夏は涼しく、冬は温かい造りのストレスゼロの快適な住まいになります。そのため、まず冷暖房機器の使用頻度が減ります。そして、もし使うとしても、設置条件に適応したエアコンはどれも省エネタイプです。そのため、家だけでなく設備機器も光熱費削減に一役買います。
しかも、そのエネルギーを太陽光発電などで自分の家で作って賄うので、エネルギー消費量ゼロの省エネ住宅は快適空間を作り出すだけでなく光熱費ゼロにもつながります!
長く住めば住むほどオトクな家になります。

・災害時も電気が使える

蓄電池や太陽光パネルを設置するので、災害の際に電気の供給がストップしても自分の家で電気を賄うことができます。勿論、回線がショートしなければですが…。
東日本大震災後に電気の供給が行き詰った経験のある日本にとって、各家庭でそれを賄えるならとても安心ですよね。

・環境に優しい省エネ住宅を今のうちに

政府は、エネルギー基本計画として「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標として普及に向けた取り組みを行っています。そのため、今は聞き慣れないZEHも、あと数年すれば標準仕様になる可能性は高いでしょう。
もし今ZEH仕様ではない家を建てるなら、新築に住みだして5年後ぐらいには既に古い仕様の家に住むことになるといえるのです。そう考えると今のうちにZEH仕様にしておくことをオススメします。
しかも、費用の面だけでなく環境汚染につながるエネルギーの排出もおさえることが出来ます。快適な住まいで生活することが、地球の温暖化のストップにも貢献出来るのです!

・補助金が受けられる

国をあげてZEH仕様の住宅の普及を目標としているので、条件を満たす家は国からの補助金を受けることができます。
しかしこの補助金は、いつまで続くのか今のところ公表されていません。せっかくZEH仕様で家を建てるのであれば、補助金が受けられる今のうちに建てる方がお得です。

確かに、現段階でZEH仕様の家を建てるには様々な条件をクリアしなければいけないので、少し大変に感じるかもしれません。しかし、長い目で見ればメリットのほうが多くあります。ちょっと頑張ってでも、今のうちにZEH仕様の家にしておくほうが良いかもしれませんね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*